群馬経済同友会

地域創生委員会

1.基 本 方 針

昨年度、地域問題委員会として「群馬の主要市街地における中心拠点のあり方」をテーマに活動を行ってきた。4回の勉強会で、人口減少社会における まち・ひと・しごとのあり方と、それに伴うまちづくりのあり方について考察した。また、国内まちづくり先進地視察では、和歌山・高松の各都市を訪問し、行政主導型・民間主導型、大規模・小規模、中心地・衛星都市等のまちづくりの様子を対比させながら視察した。

今年度は、まち・ひと・しごと創生 第1期「総合戦略」における最終年であり、地方創生の実現にとって、極めて重要な1年となる。また、国は東京一極集中の是正に向け、地方への新しいひとの流れや魅力あるまちづくりに焦点をあて、総仕上げに取り組んでいる。これらを踏まえ、昨年度のテーマ「群馬の主要市街地における中心拠点のあり方」を継続し、魅力的で持続可能なまちづくりを創出して、地域経済の継続的発展を目指すべきと考える。今年度は、ワーキング活動を通じて、より従来からの研究をまとめ、最終的に提言もしくは研究報告書として完成させたい。

海外経済産業視察については、再開発に合わせて新たに構築される都市インフラに、スマート機器を導入している南仏や観光都市イタリアを視察する。「再生可能エネルギー活用と管理システムによる持続可能な都市形成」を掲げた、スマートコミュニティ事業や観光拠点のあり方について学び、群馬に活かす秘訣と教訓を探りたい。

2.活 動 内 容

(1)テーマ「群馬の主要市街地における中心拠点のあり方」

勉強会や意見交換会を開催予定。

勉強会後に、講師を交えた着座形式での意見交換会を検討する。
情報を蓄積するとともに、議論し意見を集約する雰囲気の醸成を図る。

(2)海外経済産業視察

視察候補地:イタリア・南仏
実施時期:2019年8月20日(火)~27日(火)[6泊8日]

(3)国内短期視察

視察候補地:福島県会津若松市・岩手県紫波町を検討中
実施時期:検討中

(4)委員会

随時開催

ページの先頭へ移動